【色の雑学】サンタクロースはなぜ赤い?

こんにちは。鹿野万由子です。

クリスマス前後には町中で大活躍中のサンタクロース!

{1F6CDF9C-34BB-4784-9494-73C46B108589:01}

しかし、なぜ赤い服を着ているのでしょう?
疑問に思ったことないですか?

サンタの赤色はコカ・コーラ!

1931年にコカ・コーラ社が宣伝に使うために
サンタクロースにコカ・コーラ社のイメージカラーである赤い服を着せてコーラを飲むCMを流しました。

それまでは、青い服や紫の服を着たサンタの資料もあって、
「赤」と決まっていた訳ではないんですよ~!

白いひげに小太りの赤いサンタのCMは全世界の人に
「サンタは赤い服」というイメージを植え付けたと言われています。

「赤」と「白」のコントランストはコカ・コーラ社のコーポレートカラーそのものであり、
サンタを使ったCMはその後、30年以上も続いたんです。

もしコカ・コーラ社が紫色のコーポレートカラーの会社だったら・・・

紫色のサンタクロースだったのかも?!

今日はちょっとマジメな話でした。^^

みなさま。良いクリスマスを…♡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA