【色の雑学】ポストの色はなぜ「赤」なの?

こんにちは。鹿野万由子です。

知ってて「へ~」の色の雑学をお伝えします^^

実は郵便ポストの色は世界各国で違います。

アメリカは「青」
イギリスは「赤」
フランス、ドイツなどのヨーロッパでは「黄色」が主流です。
中国では「深緑」だったりします。

日本のポストの色が赤いのはなぜ?

私たちが手紙を投函する郵便ポストは赤い色をしていますね。

日本のポストは、最初明治4年ごろは木製の箱で木を黒く塗った細長いポストでした。でも、それがとても不評でした。。。

・黒い「郵便箱」の「便」という字を見て「トイレ」と勘違いしてしまう
・黒なので夜になると見えなくなる
と苦情が相次いだんですね;;

そこで明治34年に黒い郵便箱をやめて、目立つようにと赤い円柱形のポストが誕生しました。日本はイギリスから郵便制度を導入したので、ポストの色もイギリスの「赤」を参考にしたと言われています。

「赤」は目立つ色でもあるので、ポストの場所が遠くからでも分かる効果があった訳ですね。

「赤」は目立つ色、遠くからでも見つけやすい色、なんです。

遠くから見つけて欲しい時は「赤」を着ましょう。笑

今日は「日本のポストの色について」でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA