似合うヘアカラーとオレンジ味や赤味を消す方法は?

パーソナルカラー診断・顔タイプ診断・骨格診断
東京・品川で神戸女子のビューティーレッスン

似合うを知って、楽しておしゃれ!
買ったけど着ない、なんてもったいない!

貴方だけのスタイルを作るイメージコンサルタント
スタイルラボ 代表の鹿野万由子です。

 

Instagramのストーリーズでリアルタイム投稿もしてますのでぜひご覧になってくださいね♡
インスタはコチラ➡️鹿野万由子オフィシャルインスタ

 

こんにちは。鹿野万由子です。

パーソナルカラー診断の際にどんな色でヘアカラーしたら良いか、よく質問をいただきます。

 

似合うヘアカラーの色をイエローベース、ブルーベースと分けてお伝えしていきますね。

ざっくりこんな感じ。

 

まず、イエローベースの方は「イエローブラウンやオレンジブラウン、カーキ」です。

 

確かに今はもっと細かくカラーを作ってくれますし、ニュアンスカラーっぽいものが多いですが、少なくても黄色やオレンジを感じるブラウンがイエローベースの方はお似合いになります。

 

ブルーベースのサマーやウインターの方がこういった色にすると、肌の色が青みがある方なので、濁ってしまい肌がくすんで見えてしまいます。

また、髪の毛の方もパサついて見えて残念な感じに。

 

 

次はブルーベースの方。

写真のように、ブルーベースの方は「グレーブラウン、アッシュ系のブルーやパープル、ピンク」です。

 

アッシュは「紫とグレーを混ぜたもの」なので、黄色味はないんですね。

 

そこに色を加えていく感じなので、ブラウンにグレーが入った感じだと思っていただけると良いかと思います。

イエローベースのスプリングやオータムの方がこういった色にすると、肌の色に黄味がある方なので、濁ってしまい肌が青く見えてしまったり、体調が悪く見えたりします。

 

 

 

そして、ヘアカラーが退色してオレンジ味や赤味が出てる方がよくおっしゃるのが、

「この診断受けてから美容院行くことにしてるんですが、この状態だと何色で染めたら良いですか?」です。

まずオレンジを消すにはアッシュです。

アッシュは「紫とグレーを混ぜたもの」なので、青っぽくなります。

それでオレンジを消します。

 

そして赤味もある場合はマット(緑)で赤を消します。

よく化粧下地のコントロールカラーでグリーンのものありますよね。

緑は赤の補色で、補色どうしを混色すると無彩色になります。
これを物理補色と呼びます。

理論上は黒になりますが、絵の具やインクといった身近な色材を混色すると、真っ黒にはならず、濁った灰色になります。

色彩検定で学ぶことですが、この原理があるので、赤を消すには緑なのですよ(*^^*)
あ、オレンジの補色も青です。

これですね。

なのでオレンジや赤が消える訳です。

あ、一応、色彩検定1級保持者ですし、色彩検定の講師もしておりましたので、色の知識は結構あります。

 

ということで、青と緑を混ぜたものでカラー剤を作ってもらえば、オレンジ味や赤味を消すことができます。

サロンではそのあたりをさらっとお話していますが、皆さん結構驚いてくださいます。笑

 

髪の毛のオレンジ味や赤味に困っている方は試してみてくださいね(*^^*)

 

似合うを知って、楽しておしゃれ!
買ったけど着ない、なんてもったいない!
スタイルラボの鹿野万由子でした。

ご予約・お問合せはこちらよりお願いいたします。

{9798EFDA-66BF-4352-9C5A-E015D7087FCA}

カレンダーご予約スケジュール
letterお問い合わせ
心臓メニュー一覧
→パーソナルカラー診断
→骨格診断
facebookお友達申請・フォロー大歓迎!Facebook
Instagram もやっています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA