本当に「似合う服」を買う方法 ~顔タイプ編~

パーソナルカラー診断・顔タイプ診断・骨格診断
東京・品川で神戸女子のビューティーレッスン

「似合う」を知って 賢く!自分磨き!

貴方だけのスタイルを作るイメージコンサルタント
スタイルラボ 代表の鹿野万由子です。

 

Instagramのストーリーズでリアルタイム投稿もしてますのでぜひご覧になってくださいね♡
インスタはコチラ➡️鹿野万由子オフィシャルインスタ

 

いきなり結論から。「顔」によって似合う服は違います!
パーソナルカラー診断や骨格診断を受けて、似合う色、似合う形は分かった。
雑誌などでも自分の診断タイプを見ているけど、なんとなくしっくりこない。。。
結局、「何を買えば良いか分からない」なんてことはありませんか?
似合う色も、似合う素材や形も分かっているはず、で診断も間違っていないのに、です。

なんで?
私は今まで800名以上の方にパーソナルカラー診断や骨格診断をしてきて、思ったことが、「同じパーソナルカラー、骨格タイプでも似合う物が違う」ということです。
例えばパーソナルカラーがサマーで骨格タイプがストレートの石原さとみさんと私が同じ物が似合うのか?(そもそも全てが違うわ!という非難は甘んじて受けます。ごめんなさいm(_ _)m)
でも実際似合う物が違います。石原さとみさんはストレートと言ってもとっても華奢でウェーブ入ってますし、お顔もとても可愛いタイプ。私はストレートでかつナチュラルも入っています。ウェーブ要素はゼロ。泣
繊細なレースのワンピースなんかとても憧れますが無理。。。
となると、何故同じサマーでストレートなのに似合う物が違うのか、ということです。
お客様で同じパーソナルカラー、骨格タイプの方でも似合う物は違ってきます。
何が違うと思いますか?
ズバリ!それは「顔」です。
(厳密に言うなら、顔と骨格タイプとベストカラーの3つ共が影響してきます。)
10人同じパーソナルカラー、骨格タイプの人がいても似合う物は違ってくるのは皆さんが完全に4つのシーズンや3つの骨格タイプで全く同じ特徴ではないからです。
パーソナルカラーや骨格タイプはいわゆる「グループ分け」であって、大きくは外れませんが、そのグループの中でもいろんな人がいる、ってことです。
例えば、骨格タイプがストレートと言われる、藤原紀香さんと石原さとみさんは「同じ骨格タイプ」ではあっても、華奢さが違いますよね。(藤原紀香さんはマジ本気のグラマラスタイプでど真ん中ストレートですが、石原さとみさんは華奢でウェーブ寄りのストレートタイプ)
パーソナルカラーでもそうです。サマーと言われる黒木瞳さんと小雪さんは同じサマーでも似合う物が全く違います。
ベストカラーがパステル系か濃い色が得意なサマーさんか、という事もあります。
ただ、黒木瞳さんは骨格タイプがウェーブで小雪さんはナチュラルなので、それもあって似合う物が違うとは言えます。
では、同じカラーと骨格タイプだとどうなるか。サマー×ストレートと言われる沢尻エリカさんと広末涼子さん。似合う物が同じだと思いますか?
これまた違いますよね。

この違いは「顔タイプ」です。

 

広末涼子さんは顔タイプがフレッシュで沢尻エリカさんはエレガントです。
フレッシュタイプだとキュートカジュアルが得意ですし、エレガントタイプだと華やかな物が得意です。

こんな感じで分かれます。
顔タイプ診断には、「キュート・アクティブキュート・フェミニン・フレッシュ・ソフトエレガント・エレガント・クールカジュアル・クール」の8つのタイプがあります。
実際の診断ではお顔の写真を撮らせていただき、「大人顔なのか子供顔なのか」「直線が多いタイプなのか曲線が多いタイプなのか」を見ていき加点式で点数をつけて診断をしていきます。
もちろん、せっかくの対面で診断させていただくので、あなたのライフスタイル(OLさんなのかママさんなのか)や職業(会社員なのか事務なのか営業なのか、経営者なのかなど)について詳しくヒアリングさせていただいて、お声の質感や話し方(性格的なものもあります)から感じる印象なども含めてお話させていただいています。
パーソナルカラー診断と骨格診断だけのメニューの時は、その違いを「お顔の雰囲気や話し方が〇〇で、骨格タイプが〇〇(1つのタイプのみか、他のタイプに寄るか)で、ベストカラーが〇〇(色相・明度・彩度)なので、〇〇のようなイメージの方です。〇〇と言うブランドのような服が似合われます。」などとお伝えしてきました。
今は顔タイプ診断があるので、芸能人の顔のマトリックス表などを見ていただきながら「顔タイプは〇〇なのでお似合いになるブランドは…」とお伝え出来るので、イメージしやすいと思います。
ネットでの無料診断では、話し方や声質、その方の職業やライフスタイルなどは加味できませんし、お顔の雰囲気、骨格タイプが複数かどうか、ベストカラーの色相・明度・彩度がどうなのか、などは組合せが無限に生まれてしまうので、本当の意味での客観的で正確な診断は難しいと思われますから、対面での診断の方がおススメです。
しつこいようですが、使わない服は本当に勿体ないです。
「お金の無駄」、「選ぶ時間・悩む時間の無駄」、「洋服の置き場所の無駄(場所代がかかっている)」!
しかもこれは一生続きます。
何故なら、洋服は一生着るし、消耗品なので、常に一定数必要になりますからね。
少なくても私は、パーソナルカラー診断・骨格診断・顔タイプ診断を知ってから、着てみてガッカリとか、買ったけど着ないなどの失敗がほぼ無くなりました。(試着して思ったりより綺麗にラインが出ないな、なんて思って買わないことはありますけどね。)
また、基本の理論が分かっているので、手を出さない、と決めてる範囲のもの以外はチャレンジして「お、意外にイケるね」なんて思うこともあります。↑ とかね。笑
服には「デザイン」「色」「テイスト」というものがあります。
顔タイプ診断では「似合うテイスト」が分かり、似合う洋服のブランド、髪型、アクセサリーなどもっと細かいニュアンスが分かるので、パーソナルカラー診断や骨格診断を受けたのに、何を買っていいか分からないという方におススメの診断です。
色や形で失敗してしまう方はこちらを参考にしてみてくださいね。

ご予約・お問合せはこちらよりお願いいたします。

{9798EFDA-66BF-4352-9C5A-E015D7087FCA}

カレンダーご予約スケジュール
letterお問い合わせ
心臓メニュー一覧
→パーソナルカラー診断
→骨格診断
facebookお友達申請・フォロー大歓迎!Facebook
Instagram もやってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA